忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ネタバレしかないので続きに収納してます。




■ とりあえずまずは秋乃ちゃんですね!
とうとう「秋」の登場!
秋の名月になぞらえてかウサギ憑き。
秋乃ちゃんも秋乃ちゃんの可愛さに頬を赤らめる北斗もとっても可愛らしくて幸せでした。

■ 物語の大筋的には、流れに逆らわず予想の通りの夏目が春虎を追いかけるお話でしたね。
生き返りに失敗して不安定な状態で反魂した夏目が死に物狂いで春虎を追いかけるのが本当に痛々しかったです。
このバカ虎。バカ虎。

9巻の終わりでなんで夏目の傍にいてあげないんだろう、何で一緒に連れていかないんだろうって不思議だったのですが、泰山府君祭の失敗を修正するために必要なことみたいで。当分会えないみたいですね…

夏目が死んじゃう、また本当に死んじゃう、って時に再封印してくれた「男の声」に、
春虎?冬児?まさかの天馬!?と期待しちゃったのですが分家パパでしたね。
夏目は本当に春虎が居ないと死んじゃう気がして心配で仕方ないのですが基本本家パパの元に居て分家パパママも心配してくれててママは師匠もしてくれてて少し心強かったです。
本家パパは何考えてるのかよく分からないですが。

本文前の2頁で春虎は夜光さんじゃなくてちゃんと春虎なんだなぁってじぃんとなりながら読み進めていったのですが、
9巻の「好きな方で呼べばいい」から一変10巻では「今は春虎だ」って言っている割にまとう雰囲気というか、すごく夜光さん色が強いなぁって結構寂しくなりました。表情も結構大人びてて…
相手が夜光時代の縁の者だったり知人だったりするのだから夜光さんがメインで仕方ないのかなぁと思いながらも、やっぱり寂しいですね。
すずさんへの呼び方が先輩のままだったり、コンと同じような態度をとる飛車丸にたじろいだり、夏目が居ると聞いて慌てたりするあたりは春虎らしくて嬉しかったです…

■ それから三善さん!
あざのさんのおっさんは本当に謎の色気があって本当に良いですね。
自分のできることできない事を把握していて開き直って周りの思惑もきちんと汲む三善さん可愛かったです。
あなたはわたくしを守るためにいるんですよってとても可愛いです。
周りが察しが良い人だらけなために毎度頭の上にはてなを浮かべながらとりあえず従ってるゆげまりちゃんも恒例になってきて可哀そう可愛いです。

山城くんはちょっとまだ可愛さが分からないので割愛です。

■ あとはちょっと出の他の面々。
木暮さんが大友先生担当の呪捜官っていうのがほんと怖いなって思ったのですが終盤のコキ使われてそうなDとか疲れて不機嫌そうな木暮さんの描写で大友先生ほんとエグいなと思いました。
同期組の三羽烏も大団円で終わって欲しいなぁと思いながらも木暮さんのまっすぐさと大友先生の大事なものもサクッと切って捨てるスタンスもあって今後真っ向から激突しちゃうんだろうなぁとこっちも寂しいです。

あと元同期組の動向がほんのちょっとしか描写されてなくて心配になりました。
冬児は天海のじいさんと一緒なら実のある生活送ってるんだろうと思うんですが、
天馬の描写はないし、京子ちゃんは倉橋パパに星読みの才があることがばれちゃってないか心配だし、鈴鹿はトラウマであろう夜叉丸の近くで多軌子の特訓に付き合ってるみたいだしで不安だらけです。
すごく…焦らされます…。

■ それから最後に千爺。
夜光さんと仲良かったみたいで色々手助けしてくれたけど最終的にやっぱり立ち位置が謎ですね。
秋乃ちゃんを外に出してあげようっていう親切心だけなのか。
相馬の者を夏目の近くに置くっていう、約束を忘れた夜光への意地悪も含んでいるのか。
秋乃ちゃんが傍にいることでまた夏目が危険な目にあっちゃうんじゃないかとぞわぞわする終わり方でした。

はやく、つづきが、読みたい
あとドラマCDとても楽しみです。
それから円盤に特典描き下ろし小説つけるのずるいです。
PR

about

KNOB / なかいのぶ
URL: http://knobde.ojaru.jp/

http://knobde.ojaru.jp/banner.jpg

応援&参加してます

ワールドトリガーオンリーイベント【BORDER LINE6】 ワールドトリガーオンリーイベント【BORDER LINE仙台】 周防尊+プチアンソロ企画SCC22-2 周防尊&八田美咲プチアンソロジー

ブログ内検索

  • © knob-log/All Rights Reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]